スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




韓国発券 ワンワールド・エクスプローラー 3大陸のプランニング (9)

JUGEMテーマ:旅行
 

今回の韓国発券のワンワールド・エクスプローラー3大陸チケットを使っての世界一周の
プランを完結するためには、成田からソウルまでの往復のチケットが必要である。


JL B767
 

ワンワールド・エクスプローラー3大陸チケットで、計画している最初と、最後のフライトは
以下のようになっている。

 

4月4日(土) フィンランド航空42便 ソウル発 10:30  ヘルシンキ着 14:05

9月20日(日) キャセイ航空71便 香港発 9:30  ソウル着 14:05

 

今のところ、行きは、44日の朝9時までにソウルのインチョン空港に到着する必要があり、帰りは、920日の午後4時以降にインチョン空港を出発するフライトが必要となる。

 

今回は、日本航空のマイレージを使って、下記のフライトを予約する。
43日(金)の成田出発を もう少し早めのフライトにして、韓国に一旦入国してソウル市内
に一泊、焼肉&サウナを満喫して、翌朝インチョン空港に向かうのもよいが、忙しい時は、
下記の便のように夕方、成田を出発して韓国には入国せず、インチョン空港のトランジット・
ホテルに泊まって、明朝ゆっくりヘルシンキ行きのフィンランド航空のフライトに乗るという
選択もある。

 

4月3日(金) 日本航空950便  成田発 1820  ソウル着 2055

9月20日(日) 日本航空956便 ソウル発 17:35  成田着 20:00

 

インチョン空港では、2008年の6月から新しいコンコースが供用開始になり、従来の本館
ターミナルとは地下のシャトル・トレインで結ばれている。
新しいコンコースには、101番から132番まで32のゲートがあり、韓国系以外のいわゆる
外国系航空会社が使用している。ワンワールド・アライアンス系の航空会社は、JLが、
112、113、114番ゲート、CXが、121、123番ゲート、AYが、126番ゲート、BAが、121番
ゲートと、固まっており乗り継ぎはしやすい。

ICN AP Map

因みに往路のJL950便はB747-400,型機による運航で、復路のJL956便はB767-300型機の運航となっている。短い距離のフライトではあるが、個人的にはやはりB747-400型機の
ほうが好きである。

 

また、韓国のウォン安が続いているならば、さらに韓国発券の日本行の往復航空券を購入
して、次回の観光旅行を楽しむという選択肢もある。


2009.03.19 Thursday | 世界一周航空券07:15comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1