スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




BA、T1からT2へ、成田T2に「ワンワールド」が集結

JUGEMテーマ:旅行
10月31日、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)が、ようやく成田空港のT1(第一ターミナル)から、T2(第二ターミナル)に移動した。 その結果、ワンワールドに加盟する日本航空(JL)、アメリカン航空(AA)、キャセイパシフィック航空(CX)、フィンエアー(AY)、カンタス航空(QF)とブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の6社がすべて第2ターミナルに集結することになった。 JLの国内線を含めてワンワールド加盟航空会社間の乗り継ぎも便利となり、成田空港のワンワールド・アライアンスのハブ化も完了である。

OW NRT T2
*アメリカン航空 FaceBook ページに掲載されている、成田空港T2、ワンワールド集結の写真

世界のオープン・スカイ化が進行し、コードシェアを超えた、本格的な共同運航の整備に対応する準備がハード面でも実現することとなった。 会社更生法の適応で、自社直行便の大幅な見直しと減便、機材のダウンサイズ化を実行せざるおえないJLにとっても、ワンワールド加盟他社が運航する便を自社便として活用することで、将来の業績回復後まで自社ネットーワークを維持することが可能となる。

羽田の再国際化が実現し、成田の運用外の深夜・早朝の時間に限って運用を開始しているが、新しくオープンした、国際線新ターミナルの規模では、本格的な運航は不可能で、やはり当面は成田空港の国際線のハブ空港の地位は変わらないと考えられる。

ワンワールド派の私には、非常に喜ばしいニュースである。

2010.11.14 Sunday | ワンワールド・アライアンス18:52comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1