スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




プノンペン ⇒ バンコック 片道$40.50ドル Air Asia Thai

AirASIAFD3613便
プノンペン発
 8時40分 
バンコック着
 9時50分

今回の旅は、成田/ホーチミン、バンコック/成田のキャセイ航空のOJ(オープンジョー)発券のチケットである為、プノンペン/バンコック間は別調達である。

アジアのローコスト・エアラインでマレーシアに本社を持つ Air Asia :エア・アジアのタイに設立した子会社 Air Asia Thai :エア・アジア・タイが、プノンペン/バンコックを毎日運行しているので、それをネットで購入する事にした。
この手の航空会社は、早く予約すればするほど安い料金で乗れる仕組みであるが、一ヶ月前に予約した時点の料金は、航空運賃が$20ドル、税金等が$20.50ドルの合計$40.50:日本円にして約4,800円である。

座席が自由席である。マイルが付かない。飲み物を含めて無料の機内サービスが一切無い(持ちこみ不可、お金を払えば購入できます)。そしてコスト削減の為ボーディング・ブリッジを使用しないので雨の日は濡れる。以上を気にしなければとっても便利でリーズナブルなフライトが楽しめる。
あと、フライトがキャンセルになった時には、他社便への振替えも含めて一切の補償がない。
その為、私もよほどの事が無い限り仕事の出張には利用しない。また、他社便に同日乗り継ぎで日本に帰るようなスケジュールの組み方もリスクが高いのでお薦め出来ない。

AirAsiaFAとはいえ、私は Air Asia 系列の
フライトが大好きである!

なぜなら、フライト・アテンダントがみんな若くて美人だから。。。
足も長くて、スタイル抜群!

こんな事を言うと、女性陣には受けが悪そうだが、ご心配なく。
一緒に乗っている男性クルーも
かなりのイケメン揃いなのだ。

(そのうちバンコックのタニアあたり
 に「クラブ・エア・アジア」が開店
 する日も近いと踏んでいる)


。。。っと、オヤジの本質が見え隠れした所で話を本題に戻そう。


PNHチェックインカウンター各方面のODA援助で、立派になったプノンペン空港の国際線カウンターの一番右端に Air Asia Thai のカウンターがある。ウェッブで予約してクレジットカードで決済した予約票の控えとパスポートを出してチェックインの手続き完了。すると昔懐かしい行き先並び便名をゴム印で押したボーディングパスに予約リストと照合してチェックイン受けつけ番号を手書きで書き入れてくれる。預けた荷物の控えはパスポートの表紙に貼ってくれる。

チェックイン・カウンターの左端にある両替所のブースで$25ドルとちょっと高めの空港使用料を払って出国。ここでは、VISA/マスター等のクレジットカードも利用できるが、承認コードの確認に5〜10分ほどかかり、後ろのお客から大ブーイングが起こる事は確実。


いよいよボーディング開始。自由席ゆえに搭乗アナウンスと共に一挙に列が出来る。ボーディングブリッジの脇の階段から、いったん外に出て、少し離れて駐機している機体に向かう。天気の良い日は、記念撮影が出来たりしてとっても気持ちが良いのだが、ひとたびスコールが来ようものなら乗客は全員ずぶぬれのまま機内に入ることになる。

ボーディング・ブリッジを使用しない理由は、大きく二つ、施設使用料が安く済むこと、出発時にプッシュバックが必要ないのでタラップ以外の車両が要らないこと。いずれもコスト削減のためであり、バンコックから来た機体は燃料も補給することなく30分で再度バンコクに向かって飛び立つ。

AirAsiaThai

また、専属の地上係員もいないので、スタイル抜群で細くて華奢な美人FA(フライトアテンダント)
自らが、B737型機の重いドアを勢いをつけて豪快に閉めることになる。
その姿を見ていると思わず『怪我をしないで。。。』と祈らずにはいられない状況なのである。手伝ってあげたくなるのは世の紳士の皆様共通の思いであろう。

因みに今回のフライトも大当たり!。。。ちょっと気の強そうな、とっても美人のタイ人FAである。
その笑顔を見ているだけで1時間のフライト時間があっというまに過ぎてしまう。
現在、真剣に Air Asia の会社の株の購入を検討中である。 そのうち Air Asia Japan の設立を。。。と、密かに夢見ている。

シートベルト着用のコールサインと共に派手な塗装のB737の機体は、クーデターによる政権交代にも屈せず開港したバンコックの新しい玄関口「スワンナプーム国際空港」に向かって高度を下げ始めた。。。

参考HP:
エア・アジア http://www.airasia.com/site/en/home.jsp

2006.11.01 Wednesday | アジアの旅07:27comments(1)trackbacks(0) | by Fine Sky 1




スポンサーサイト


2017.04.27 Thursday | - | 07:27 | - | - | by スポンサードリンク




コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック