スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




「A380」就航に伴う空港整備 ボーディング・ブリッジ

初めてのアメリカへの飛来とともにアメリカの空港関係者の間では、「A380」の就航による空港の整備に話題が集まっている。ヴァージン・アトランティック航空、エア・フランス航空、ルフトハンザ航空、シンガポール航空、エミレーツ航空の5社が「A380」の乗り入れを発表しているニューヨークのJFK(ケネディ空港)と、カンタス航空、シンガポール航空、大韓航空が乗り入れを表明しているロサンジェルスのLAX、正式には発表されていないが「A380」使用キャリア(航空会社)が多く乗り入れる、シカゴのORD(オヘア空港)、ワシントンDC郊外のIAD(ダレス空港)、サンフランシスコのSFOの5空港は、既に整備に取り掛かっている。

A380_LH1

加えて、フロリダ州のマイアミ国際空港(MIA)とオーランド国際空港(MCO)、テキサス州のダラス・フォートワース空港(DFW)、コロラド州のデンバー空港(DEN)も対応が急がれている。

A380_QF

エアバス社のお膝元、ヨーロッパでは、シンガポール航空、エミ レーツ航空、ヴァージン・アトランティック航空、カンタス航空、カタール航空、マレーシア航空が「A380」型機で就航する予定のロンドンのヒースロー空港(LHR)をはじめとする主要空港が2004年から改修工事に着手しており、「A380」の1階と2階へPBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ:航空旅客搭乗橋)を通じ直接乗降可能なようにターミナルを改修し終えている。

A380_AP_Design1

アジアでは、シンガポールのチャンギ国際空港(SIN)、バンコックのスワンナプーム国際空港(BKK)、香港のチェックラップコック国際空港(HKG)が、初期改修を終えている。日本では、成田空港が現在第一ターミナル南ウイングを手始めに改修に取り掛かっている。

A380_PBB5_CG

A380_PBB1

アジアの各空港にエアバス「A380」対応型 PBB:航空旅客搭乗橋を納品しているのが、兵庫県宝塚市に本社のある、新明和工業株式会社である。シンガーポール航空が次世代・超大型機「A380」の導入を決定した時点から、「A380」対応型のPBB:航空旅客搭乗橋の開発にとりかかり、2005年9月に初の納入先となるシンガポール・チャンギ国際空港への据付が完了し、引き渡している。
新しく開発した新型のPBB:航空旅客搭乗橋は、「A380」が総2階建てであることから、ターミナルから機体の2階部分へ直接搭乗できる仕様とし、地上から床底まで約8メートルの高さを確保しつつ、従来機と同等以上の安定性と快適性を確保した。これにより、国際線仕様で標準座席555席を装備する「A380」は新型1基と従来型2基の合計3基を使用して効率良く搭乗を行うことが可能となっている。シンガポール・チャンギ国際空港では、「ターミナル3」の新設と「A380」に対応するべく「ターミナル1」、「ターミナル2」の改修工事を行っており、「A380」の就航予定である2007年までに新明和工業から「A380」対応型航空旅客搭乗橋を計19基納入される予定となっている。

A380_PBB3_SIN
「A380」が就航予定のターミナル2 F31ゲートに設置したPBB:航空旅客搭乗橋(シンガポール・チャンギ国際空港) 左端が新たに設置した「A380」対応型PBB

加えて、バンコックのスワンナプーム国際空港から受注したPBB:航空旅客搭乗橋105基のうち5基が「A380」対応型で、昨年既に引渡しを終えている。

A380_PBB4_BKK
バンコックのスワンナプーム国際空港の「A380」対応型PBB

新明和工業製の「A380」対応型PBB:航空旅客搭乗橋の特長は;
(1) 自動アウトリガの開発により安定性を確保し、キャブ床高8.2メートルを実現
ドライブコラムに2本の自動アウトリガを標準装備することで、従来型と同等以上の安定性を確保し、高さに比例して高まる振動を制限
(2) 省スペース化を実現
限られた空港スペースを有効に活用できる仕様を採用し、既存のターミナルにも追加設置が可能
(3) マルチタイプの開発で高い汎用性を実現
キャブ床高を3.7メートルから8.2メートルを実現し、機体の2階のみならず、1階への装着もできることから、「A380」以外の従来機にも対応が可能
(4) 通路となるトンネルの全長にわたりエアコンダクトを設置(オプション)
トンネルの全長にエアコンダクタを設置することで、トンネル内の気温を均一に保ち、快適な空間の提供が可能

成田空港でも、先般の「A380」の飛来を受け、改修の為の工事が本格化しつつある。

2007.03.22 Thursday | エアバスA38019:07comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1




スポンサーサイト


2017.04.27 Thursday | - | 19:07 | - | - | by スポンサードリンク




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック