スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




全日空のLCC:ブランド名「Peach」に決定

JUGEMテーマ:旅行
全日空が運航予定のLCC「Peach」の概要を発表した。エアラインのブランド名を「 Peach」、社名を「Peach Aviation」とし、KIX:関西空港を本拠地に2012年3月からの運航開始を目指す。 エアバスのA320−200を使用し、 2012年3月に 大阪(関西)−札幌(新千歳)、大阪(関西)−福岡 を 結ぶ国内線を就航させ、同年5月には 大阪(関西)−ソウル(仁川) の就航を国土交通省に事業認可申請予定。

LCC Peach

コーポレートカラーは深い赤とピンクの中間色のフーシア色とピンク。A320−200の機体には、ロゴとカラーをうず巻くように塗装する計画で、「Peach」桃はアジア発祥の果物で、若さ、活力、長寿、反映、幸せなどのイメージを連想させるという。まず、オペレーティングリース契約で、2011年秋に初号機を導入、2年間で10機の調達を計画している。

全日空が筆頭株主となるこの新会社には、香港の投資家ビクター・チュー氏が運営する投資会社ファースト・イースタン・インベストメント・グループと官民出資ファンドの産業革新機構が出資し、今後さらに国内企業などが参加する予定とされている。

全日空の竹村滋幸常務は、「Peach」に対し「あくまで投資家の立場を堅持するものの、唯一安全面については多くの経験ノウハウがあり全面的に会社としてサポートする」とし、サービス面では「ジャパン・クオリティを提供する」として、低価格と安全を加え、「アジアに新しい航空移動のオプションを提供し経済活性化に貢献する」と強調。価格については「従来コストの半分を目指し、そこからどの位の運賃が出るか、現在最終的な詰めの段階」としている。

「Peach」の本拠地となる関西空港の福島伸一社長は、関空にLCC専用のターミナルを新設しアジアの需要を取り込む方針を発表した。専用ターミナルは2階建てで12年の下期の完成を目指す。福島社長は「Peach を含めると6社となるLCCを どんどん受け入れることで関西経済のみならず日本経済の活性化につなげたい」と述べている。

過去にアメリカで United航空がコロラド州デンバー空港をハブとした「Ted」、Delta航空がフロリダ州オーランド空港をハブとした「Song」といったLCC子会社を設立しているが、いずれも失敗の終わり本体に吸収されている。日本では、全日空がどこまでこの「Peach」で検討できるのかが試されることになる。

2011.06.04 Saturday | 旅情報15:25comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1




スポンサーサイト


2017.04.27 Thursday | - | 15:25 | - | - | by スポンサードリンク




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック