スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




日本航空と大韓航空、静岡=ソウル線でコードシェア運航に合意

JUGEMテーマ:旅行

日本航空:JLと大韓航空:KEは、200964日より、大韓航空が新規に運航を開始する静岡=ソウル(仁川)線においてコードシェアを行うことで合意し、昨日、515日より予約・販売を開始した。

FSZ JL KE_02

200964日に予定されている富士山静岡空港の開港にあわせて、JALは、国内線の静岡=福岡線で13往復、静岡=札幌線で11往復の運航を開始する。それに加えて、今回、静岡=ソウル線で大韓航空運航便とコードシェアを行うことによりJALの静岡空港発着のネットワークが国際線にも拡大することになる。

コードシェア便の計画概要は以下のとおり
  JL5251/KE780  静岡 11:45    ソウル13:55 毎日 737 KE

  JL5250/KE779  ソウル08:50   静岡 10:45 毎日 737 KE

日本航空:JLと大韓航空:KEは、20048月以来、日本=韓国間を結ぶ各路線でコードシェアを開始しており、互いのネットワークの拡大を図ってきた。今回、新たに静岡=ソウル(仁川)線でコードシェアを実施することにより、両社のコードシェア便は16路線週間165便(往復)となる。

FSZ JL KE_01

現在、JALはワンワールド・アライアンス、大韓航空はスカイ・チームに加盟しているが、両社はアライアンスの壁を越えて日韓路線でコードシェア提携を実施している。これに触発されて、同じスター・アライアンスのメンバーである、全日空:NHとアシアナ航空:OZも同様のコードシェア運航を行う可能性が高いと推定される。また、将来的には、フジドリームエアライン:FDAと提携するマンダリン航空が台北から乗り入れる可能性も否定できない。


2009.05.16 Saturday | 旅情報09:55comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1




スポンサーサイト


2017.04.27 Thursday | - | 09:55 | - | - | by スポンサードリンク




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック