スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.27 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク




BA:英国航空、IB:イベリア航空、経営統合で合意

JUGEMテーマ:旅行

11月12日、ワンワールド・アライアンスのヨーロッパ地域の主要2社、BA:英国航空とスペインのIB:イベリア航空が、合併による形容統合で基本合意に達した。 今後は、来年初頭の正式合意に向けて相互に交渉を続ける。

BA iB

統合が実現すれば、年間6200万人の旅客を運ぶ欧州最大規模の航空会社となり、輸送規模で世界5位の航空グループが誕生する。

BA:英国航空の発表によると、両社は共同で持ち株会社を設立、BA:英国航空側が55%の株式を、IB:イベリア航空が45%の株式を持ち、BA:英国航空が主導権を握る。BA:英国航空は、既に IB:イベリア航空の株式を13.5%保有する筆頭株主で、両社は提携関係にあり、今回の統合は、昨年夏から協議を続けてきていた。合併後もそれぞれのブランド(名称)で営業を続け、イギリス、スペイン両国のナショナル・フラッグキャリアとしてのブランドは存続する。

但し、BA:英国航空は、JL:日本航空と同様の年金債務問題を抱えており、その問題が解決しない場合は、イベリア航空としては合意を取り消す意向を示しており、BAの対応が今後の課題となっている。

AF KLM

ヨーロッパでは、既に AF:エールフランスとオランダのKL:KLMが04年に合併したほか、ドイツのLH:ルフトハンザ航空がLX:スイス航空、OS:オーストリア航空を傘下に SN:ブリュッセル航空(旧、サベナ・ベルギー航空)の株式を45%取得するなどの統合が進んでいる。

LH LX OS

今回の統合により欧州では、「BA−イベリア」、「エールフランス−KLM」、「ルフトハンザ」の3強体制が一段と進むことになる。 さらなる、世界的な航空業界再編を加速させそうである。

2009.12.09 Wednesday | エアライン(航空会社)07:49comments(0)trackbacks(0) | by Fine Sky 1